2010年04月26日

<雑記帳>再活用目指して「廃校全国サミット」 秋田(毎日新聞)

 少子化や過疎化で学校の統廃合が進む中、廃校の施設を活用した地域づくりと課題を話し合おうと24〜25日、秋田県由利本荘市の旧鮎川小・中学校で「よみがえる廃校全国サミット」が開かれた。

 廃校は今後も全国で相次ぐとみられるだけに、東北や北海道、首都圏から、講演会などの催しも含めると約500人が参加。宿泊施設や自然体験学習の拠点などに転じたケースが報告された。

 維持管理などの課題も議論に。「廃校転じて福となす」秘訣(ひけつ)を学んだ参加者は、巣立ちの思い出の学び舎(や)を「形は変わっても、地域の心のよりどころに」と誓い合った。【小林洋子】

<被爆マリア像>欧米の巡回展示へ…長崎を出発(毎日新聞)
静岡で新茶の初取引=生育遅れ単価2倍に(時事通信)
コンビニで戸籍謄抄本、政府IT戦略最終案(読売新聞)
池袋西口公園で古本まつり(産経新聞)
燃える車の助手席から乳児救出、顔にやけど(読売新聞)
posted by イイムラ ヒトシ at 21:24| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。