2010年06月15日

「私が単独で偽造」落ち着いて証言 厚労省元係長 郵便不正公判(産経新聞)

 障害者団体向け割引郵便制度をめぐり偽の証明書を発行したとして、虚偽有印公文書作成・同行使罪に問われた厚生労働省元係長、上村勉被告(40)の初公判が9日、大阪地裁で開かれた。

 グレーのスーツ姿で入廷した上村被告は、一礼して弁護人の間に着席。今年2月に元局長の村木厚子被告(54)の公判に証人出廷した際は声を詰まらせながら検察官の不当な取り調べを訴えたが、この日は落ち着いた様子で裁判長の質問に答えた。

 罪状認否では、弁護人に手渡された起訴状をめくりながら細かい点まで言及。「私が単独でやった」と2回話し、村木被告との共謀を繰り返し否定した。

 上村被告が取り調べ状況を克明に記載した「被疑者ノート」は村木被告の公判で証拠採用され、公開された。「冤罪(えんざい)はこうして始まるのか」「どうしても私と村木被告をつなげたいらしい」「もうあきらめた」

 ノートの記述などから、上村被告の調書は村木被告の公判では証拠採用されなかった。同じ調書の信用性を再度争う3人の検察官らは、罪状認否を食い入るように見つめ、厳しい表情で冒頭陳述を読み上げた。

【関連記事】
郵便不正 調書採否決定要旨
郵便不正 「1人でやった」公判供述だけが証拠に
郵便不正 村木被告「感謝」とコメント
地検「極めて意外」控訴の意向 郵便不正で弁護士「元局長も無罪を」
「話した記憶ない」 村木被告、偽造指示を否定 郵便不正公判
電撃的な首相退陣劇の裏で何が…

<ペット葬祭業>登録制に 動物愛護法改正で−−環境省方針(毎日新聞)
“女房役”仙谷官房長官 公務員改革 大言壮語の放り出し?(産経新聞)
ネット選挙解禁見送り=郵政廃案、派遣法は継続に(時事通信)
菅首相会見速報(4)「官僚こそプロ、その力使って政策進める」(産経新聞)
総連、朝鮮学校無償化へ攻勢 「日本人になりすませ」 文科省への電話指示、ノルマも(産経新聞)
posted by イイムラ ヒトシ at 19:36| Comment(13) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。