2010年04月20日

<火山噴火>全日空、日航が一部便を欠航(毎日新聞)

 アイスランドの火山噴火で火山灰が欧州北部各地に広がった影響で、全日空は16日の成田発ロンドン、パリ、フランクフルト行きの計3便とその折り返し便、日本航空は同路線にアムステルダム便を加えた4便とその折り返し便の欠航を決めた。

 成田空港会社によると、ブリティッシュ・エアウェイズなど海外の航空会社4社もロンドン便など計4便の欠航を決めた。【百武信幸】

【関連ニュース】
火山噴火:ロンドン便などANA欠航へ
全日空:副操縦士からアルコール検出 出発遅れる
全日空:社長が公的資金の使途で日航を批判
全日空:最終赤字650億円に拡大…3月期予想
全日空:B787の整備士養成訓練公開 今秋納入の新型機

<火山噴火>成田まだ混乱…炊き出しで市が支援(毎日新聞)
アカウミガメ 産卵期前に清掃活動…愛知・表浜海岸(毎日新聞)
「打倒!! 鳩山政権」保守系地方議員ら決起集会(産経新聞)
女子大生の財布狙う 窃盗未遂容疑、文科省事務官を逮捕 警視庁(産経新聞)
<国勢調査>ネット回答方式は東京都で実施(毎日新聞)
posted by イイムラ ヒトシ at 10:11| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月12日

iPS細胞から高効率で肝細胞作成 阪大など(産経新聞)

 あらゆる組織や臓器の細胞になることができるヒトの人工多能性幹細胞(iPS細胞)から、肝臓の細胞を高い効率で作り出すことに成功したと、医薬基盤研究所(大阪府茨木市)と大阪大の研究チームが5日、明らかにした。これまでもiPS細胞からの肝臓細胞の作製は報告されているが、効率は1〜3割にとどまっており、高効率化が求められていた。高い純度の肝臓細胞ができたことで、新薬創出への応用が期待される。

 肝臓細胞は従来、培養液中のiPS細胞にタンパク質を加える手法で作られていた。基盤研の水口裕之チーフプロジェクトリーダーらの研究チームはウイルスを“運び屋”として利用し、iPS細胞に2種類の遺伝子を順番に導入することで、生成される細胞の8〜9割を肝臓細胞にすることに成功した。

 肝臓細胞は新薬開発の際に効果や毒性を確かめるために使われるが、これまでは生体から採取した肝臓細胞が使われており、高価で性質も十分ではなかった。ヒトiPS細胞から効率的に肝臓細胞を作り出せれば、新薬開発に大きく貢献できると見込まれている。

 基盤研の川端健二プロジェクトリーダーは「より完全に成熟した肝臓細胞への分化を目指し、製薬企業などに安定的に供給できるよう、研究を進めたい」と話している。

【関連記事】
培養続けたiPSに異常 遺伝子に繰り返しや欠損
iPS細胞から「腸」成功、臓器で初 奈良県立医大
ガン化を回避 iPS経由せずマウス尾から神経細胞を直接作製 
免疫不全の実験用ラット作製 京大チーム、世界初
iPS細胞使用の倫理性について論説発表 京大准教授ら
「けむりの行方は? 受動喫煙論争」

3邦人死刑に懸念=社国幹事長(時事通信)
より使いやすい家電へ 音声機能 視覚障害者らをお助け(産経新聞)
平沼代表「民主政策集は売国的な法案の羅列」 「たちあがれ日本」結党記者会見(産経新聞)
アナタは右側?左側?エスカレーターお国柄(読売新聞)
悪質リース契約再燃 解約応じず、高齢者泣く(産経新聞)
posted by イイムラ ヒトシ at 16:48| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月07日

16日に「平和構築」会合=国連安保理で主催−岡田外相発表(時事通信)

 岡田克也外相は2日午後の記者会見で、日本が国連安全保障理事会の今月の議長国となったことを受け、16日に「平和構築」をテーマにした会合を主催すると発表した。岡田氏は「(参加に)国会の了解を得られれば、わたしが議長を務めたい」と表明。アフガニスタン支援や国連平和維持活動(PKO)の拡充などについて幅広く議論したい考えだ。
 会合では、アフガン、東ティモール、スーダンなど紛争で社会基盤が打撃を受けた国家の再建、深刻な震災被害を受けたハイチの復興を議題とし、PKOの積極的活用や経済援助も含めた包括的な支援策について協議する。各理事国や他の国連加盟国にも閣僚級の参加を呼び掛ける。 

【関連ニュース】
【特集】無人機プレデター&リーパー〜忍び寄る死神〜
【特集】オバマ語録
なれ合い政治から脱却を〜自民党・園田幹事長代理インタビュー〜
自民の歴史的役割終わった〜自民・舛添要一前厚生労働相インタビュー〜
【特集】ハイチ大地震取材体験記〜被災地の1週間〜

闇サイトに「ネットハンター」=潜入捜査、違法行為を摘発−専従班設置へ・警視庁(時事通信)
首相動静(4月1日)(時事通信)
自民、5月決着先送りなら首相退陣を=普天間で与野党幹部が論戦(時事通信)
伊調千春さん 故郷・青森の高校教諭に(毎日新聞)
10年後の債務残高比率を重視=財政再建で論点整理へ−国家戦略室(時事通信)
posted by イイムラ ヒトシ at 17:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。